プール付きの一戸建てに住みたい 新築一戸建て 新築一戸建てに防災シェルターを作ること

新築一戸建てに防災シェルターを作ること

私が理想とする一戸建ての家につきましては、防災シェルターを備えた昔で言います防空壕となるようなシェルターの施設を作ることであります。このようなシェルターを作ることによりまして、もし、万が一、大地震が発生した場合におきまして、家が流されることを想定しまして、地下道に続く防災シェルターを自宅に作っておくことにおきまして、非常に大規模な災害に見舞われた場合につきまして、そこに防災グッズと衣類等の消耗品等も完備しておくことによりまして、数日間は生きることができる形になると思われます。また、そのようなシェルターを新築一戸建ての家の中に作っておくことにおきまして、いざと言う時に、家族で安心して住めることにも繋がりますので、やはり、防災シェルターは万が一の災害のことを想定して作っておくべきであると強く思いました。そのシェルターが大きければ大きい程、他の家族も避難できる形となりますので、より安心して隠れることができる避難場所となりますので、新築一戸建てを検討しました際に、そのような家も検討したいと思います。