注文住宅にかかる資金調達で苦労したこと

プール付きの一戸建てに住みたい 注文住宅にかかる資金調達で苦労したこと

マイホームは家族全員が老後の生活まで安心して暮らせるようにしたいもので、注文住宅にすると新築で要望に合わせて設計してもらえて興味を持ちました。しかし、建売住宅とは違って引き渡しが済むまで住宅ローンが利用できず、それまでにかかる費用を準備しないといけないため貯金がないと厳しいです。このため、予定どおりに購入することはできませんでしたが、その間にどのような費用がかかるのか調べるきっかけになりました。
注文住宅は関係者が多くなればあいさつ回りや打ち合わせに時間がかかり、土地購入などで多くの費用がかかります。資金調達はつなぎ融資でなんとかできましたが、住宅ローンより金利が高く限度額も少なめで苦労しました。注文住宅は家族で満足して暮らせる家づくりをする夢を実現できますが、建売住宅と違って資金調達が難しいです。このため、住宅ローンが利用できるまでさまざまなことで苦労しましたが、現在では家族の絆を深めることができて報われたと思っています。